出航の準備が整い、いよいよ出航です。

32

出航するのは、”こんごう”だけで”いかづち”はお見送りです。

33

タグボートに引かれて、岸壁を離れると港の外に向かって、
進みだします。

34

後部のヘリ甲板から離れていく岸壁を眺めます。

35

造船所が見えてきました。

36

三菱の造船所です。
護衛艦も停泊しています。

あの戦艦武蔵もここ長崎の三菱造船所で建造されていますね。

37

甲板を歩き回りながら、備品をチェック。
こんなアルミ製のリヤカーがありました。

ロープでしっかりとしばりつけてあります。

38

後部VLSです。

46

短魚雷発射管の説明板です。

39

航跡を引きながら快調に航行しています。

40

これぞ航海といった雰囲気です。
風を受けて、非常にいい気分です。

この後、艦内へ入ります。





41


これはトイレの洗面台でs。

42

小便器は、一般的な物でした。

43

この扉の奥は、先任海曹室となっています。

44

こんなところに神棚が!

45

よく見ると、こんごう神社でした。
各護衛艦には、こんな神社があるそうです。



47

これはたしか医務室の机です。

48

医務室のベッド。


49

小型の測距儀を覗いている人。

50

艦橋の大きなデスクに海図を広げて、航路をチェック中?


51

艦橋内の様子。

52

このモニターテレビには、後部VLSとヘリ甲板が映っています。

53

航行中なので、舵輪の操作や速度の調整?をしています。

54

艦橋から前部を見下ろしたところです。
艦の幅の広さがわかります。

55

艦橋の扉から外に出ます。

56

艦橋の外から後部を見たところ。

57

艦橋の外には、見張り用の双眼鏡があります。

58

旗旒信号用の旗が、こんな風に収められていました。

59

煙突です。
複数の円筒形の筒が見えます。

60

大きな吊り橋の下をくぐります。

61

これは、信号灯の使い方の説明です。

62

なかなかユーモアにあふれた説明です。

63

再び岸壁に戻ってきました。


64

双眼鏡で、監視しています。


65

再びタグボートが、現れ接岸の準備です。

66

間もなく”いかづち”の隣に接岸します。


67

接岸完了しました。

68

これで、体験航海は終了です。

貴重な体験をさせてもらいました。

↓は、航海の様子を撮影した動画です。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村