ノーフォーク、バージニア州 - 造船会社は、
海軍の次世代空母であるUSSジェラルド・R・フォードが、
建設業者の海上試験を完了したと発表した。


建造した造船会社の副社長は、海兵隊員が海上で一週間を過ごしたことを伝え、
海軍の関係者と一緒に船のシステムのテストを受けた。

129億ドルの航空会社の建設は2009年に開始され、
当初2015年9月までに105億ドルで完成すると考えられていたが、

フォードの高度なシステムと技術(航空機着陸装置や発電など)
によって問題が発生、

コストの超過と遅延が発生しました。


造船所は、フォードは引渡しに先立ち、
海軍の受け入れ試験を受けなければならないと述べている。

出典:http://www.military.com


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村