一式陸攻で、太平洋戦争を生き延びた元パイロットの証言です。


生還率が非常に低い陸攻のパイロットの貴重な話

92歳(取材時)の現在も操縦桿を握っている世界最高齢パイロットの
高橋氏は、太平洋戦争時一式陸攻の操縦士として激戦地を潜り抜けた、
歴戦のパイロットです。

戦争末期には、特攻隊員として鹿児島の出水基地に赴任するも、
大型機では、特攻は不可能として特攻隊は解散になり、

代わりに魚雷を積んだ攻撃隊として沖縄に出撃しながら、
奇跡的に生還を果たします。

敵弾を何発も受けながらも、生還してやるという気持ちが強かったと言う、
高橋氏の貴重な体験談です。