疾風

ミリタリー関連の情報配信

旧軍資料館・博物館

太刀洗平和記念館の零戦32型を見学

福岡県の大刀洗町にある太刀洗平和記念館まで
零戦32型の見学に行ってきました。

01


ここにはもう何回も訪れていますが、展示物を見たり
特攻隊員の遺書を読んでいると毎回心が震える思いです。

最近展示場が拡張されていて、新たな展示物が追加されていました。

ここで写真が撮れるのは、零戦32型のみとなっています。

02

斜め後ろから見た32型。
フラップが下りてます。

03

尾翼の識別番号

04

コックピットを見学するための階段です。

05

コックピット内部の状態は、良くないです。

06

32型の特徴である、真っすぐな翼端。

07

右脚部
08

21型と比べて洗練された形状に変更されたカウル。

プロペラとスピンナーは、レプリカのようです。





09

32型の解説ボード

10

スピンナーのアップ

11

脚のオレオ部

12

カウルは、楕円形の金具で繋がっていて上下分割できるようになっています。

13

銃身が飛び出した、99式2号銃

14

計器盤のレプリカですが、出来はイマイチです。

15

99式2号20ミリ機銃

16

左翼下部

17

上から見下ろした32型。

やはり翼端が真っすぐになっただけで、印象がかなり変わりますね。
米軍が、別の機種扱いしたのも頷けます。

18

ここには、太刀洗基地「第五教育隊」の正門の門柱があります。

19

別の場所にあったのを平和記念館がオープンした時に、移設してきたようです。

20

当時の木製の看板も取り付けてあります。
風雨にさらされ続けて、色褪せているのが年月を物語っています。

ここには、97戦や陸軍の様々な備品が展示されているので、
じっくり見学すると半日くらいはかかります。

ここだけにしかない32型と97戦があるので、大戦機に興味がある方は、
訪ねる価値がある展示館です。

太刀洗平和記念館のサイト





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

【動画で見る】震電の実物大模型



北海道の余市宇宙記念館に展示されていた、
震電を見学している動画です。

ぜひ全国を巡ってほしいものです。







にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

靖国神社遊就館の【零戦52型】

靖国神社の遊就館に展示されている
零戦52型です。

02

ここには、彗星や九七式中戦車など多くの兵器が展示されていますが、
有料で写真撮影不可です。

この零戦が展示されているエントランスのみ無料で、写真撮影も
できます。


03



04

この零戦は、非常に状態が良くまるで新造機のようです。

南方の島々で回収された数機から復元されたそうですが、
とてもよく復元されています。

05

斜め後ろからの眺めも美しいです。


06

真後ろから見た所。

07



08

まるで工場から出て来たばかりのような翼下面。

09

脚部のオレオも非常にキレイです。

10

プロペラもピカピカです。

11

推力式排気管

12

カウルが上下2分割できるようになっているのが分かります。

13

空気取り入れ口



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="5399186291">



14

欲から突き出ている20ミリ機銃。
長銃身の九九式2号銃。

15

横から見る零戦は、本当に均整の取れた美しい姿をしています。

17

テラスから見た零戦。


16

零戦の後ろに展示してある、九九式20ミリ機銃(1号銃)





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

大和ミュージアムの【零戦62型】

大和ミュージアムには、貴重な零戦の最終型である
62型が展示されています。

01

側面の日の丸には白いフチがありません。
三菱製か。

02

斜め後ろから見たところ。

03

62型を示す、主翼に装備された20mm・13mm機銃と翼下面の爆弾懸架装置。

04

20mm機関砲と13mm機銃のアップ。


05

ダミーの250キロ爆弾が置かれています。

06

正面から見たところ。

07

機銃の銃身が飛び出している主翼がいかにも戦闘機らしい力強さを
感じさせてくれます。

08

このように上から見下ろすこともできます。

09

真上からみたところ。
コックピットは、閉じていて中の様子はよくわかりません。

10

傍らに展示されている栄三一型甲エンジン。

11

その説明板。

12

四式射爆照準器がケース内に展示されています。

13

電熱服は、よく知られていますがこんな電熱手袋もあったのですね。


14

13mm機銃(手前)と20mm機関砲です。


15

13mm機銃の弾倉も展示されています。

貴重な零戦の最終型62型が展示されている大和ミュージアム。
零戦以外にも、特殊潜航艇「海竜」や人間魚雷「回転」など
見どころが多く充実しています。

何度でも訪れたくなる博物館です。


大和ミュージアムのHP











にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

鹿屋航空基地史料館の零戦52型丙

鹿児島県鹿屋市の

鹿屋航空基地史料館

に展示されている零戦52型丙です。

01

非常によい状態で、展示されています。

02

52型の特徴である推進式単排気管とオイルクーラーの空気取り入れ口が
よくわかります。

プロペラの色は、こんな色なのか?

03

正面から見たところ。


04

主脚とタイヤ

05

主翼下面、フラップが下がっています。


06

水平・垂直尾翼。
トリムタブが下がっています。
07

着艦フック。
ワイヤーで上げ下げするようです。

08

尾翼のトリムタブが下がっています。

09

フラップが若干下げられています。

10

コックピット後部にある方向探知用のループアンテナがよく見えます。

11

コックピット全部。
98式射爆照準器が取り付けられています。

12

左主翼上面。

13

栄エンジンは、取り外されています。

14

キャブレターの空気取り入れ口?




16

真後ろから見たところ。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-7181113512827420"
data-ad-slot="5399186291">



鹿屋に行くなら格安航空券で!



にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
発信者
◆HAYATE◆
旧日本軍機では、四式戦疾風が一番好きです。
力強さと優美さが混然一体となった機体に魅了されます。
このブログでは、各地の自衛隊基地祭や護衛艦を
見学した記録や戦争遺跡などを発信しています。
インフォトップ(FinalYoutuber)
ブログ村(ミリタリー)
ブログ村(戦争遺産)
最新コメント
ギャラリー
  • あの零戦が売りに出されることに!
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
  • 太刀洗平和記念館の零戦32型を見学
タグクラウド
  • ライブドアブログ