名古屋空港に11月30日、

あいち航空ミュージアムがオープンすることになり、
零戦も展示される事になったようです。


この零戦は、三菱重工名古屋航空宇宙システム研究所に展示されていた、
零戦52型甲で、研究所の展示場の老朽化に伴い5月に閉館されて、

あいち航空ミュージアムへの譲渡が決まった模様。


同ミュージアムには、YS-11やビジネス機「MU2」「MU300」、ヘリコプター「MH2000」
なども展示されるようです。

また隣接して、三菱の旅客機MRJの製造工程が見学できる、
MRJミュージアムも建設されるという。


隣の岐阜県には、川崎キ61飛燕が公開されることになっている、


かがみがはら航空宇宙科学博物館が来年3月24日にリニューアルオープン
することになっていてこちらも楽しみです。

かかみがはら航空宇宙科学博物館


さらに大分県宇佐市では、零戦と艦攻・艦爆(おそらく九七艦攻・九九艦爆)の

レプリカが展示予定の宇佐平和ミュージアムが2020年開館予定で、

航空博物館開館ラッシュが続きます。



日本軍大戦機ファンには待ち遠しいですね。






にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村