九州には、旧軍機が展示されている記念館がいくつかあります。

福岡県の

太刀洗平和祈念館


・零戦32型と九七式戦闘機



鹿児島県の

知覧特攻記平和念館

・四式戦疾風、一式戦隼・零戦52型



同じく鹿児島県の

鹿屋航空基地史料館


・零戦52型



大分県宇佐市平和資料館に

永遠のゼロで使われた、零戦21型(レプリカ)・桜花(レプリカ)

宇佐市平和資料館のHP


また佐賀県にも個人所有(馬場ボデー)の
映画撮影用に製作された零戦52型があります。
(君を忘れない・人間の翼・永遠のゼロに登場)

そして今回、大分県宇佐市に

宇佐市平和ミュージアム(仮称)のが建設される事が決まりました。

01


市が所有する実物大模型の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)と、
新たに製作する桜花・九七式艦上攻撃機・九九式艦上爆撃機を加えた
4機が展示されるという。

※ただし九九艦爆は、当初実物大のシルエットによる表現らしい

総工費約20億円で2020年度の開館予定。

02


九七艦攻と九九艦爆は、日本で展示されるのはこれが初めてだと
思われます。

これは非常に楽しみです。






にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村