疾風

ミリタリー関連の情報配信

紫電改

紫電改が完成!6月9日より一般公開始まる。

兵庫県加西市が発注して、昨年6月から茨城県(の株)日本立体で制作されていた、紫電改のレプリカがこのほど完成し、6月9日より一般公開される事が決定!

osir190606b01


この紫電改は、同市が1500万円で発注していたもので、
約1年かけて制作されている。


sentouki_1

※smartFLASHより制作中の紫電改
https://smart-flash.jp/sociopolitics/61034


機体は、飛行こそできないものの一見して本物と見分けがつかないほどよくできている。




レプリカながら実物どおりの構造で、コックピット周りも細部まで作り込んであり、
紫電改の特徴である自動空戦フラップが、
電動で出し入れできるなど制作者の技術とこだわりが伝わる。


展示は、毎月第1・第3日曜日の午前10時から午後3時まで、
加西市内の鶉野飛行場跡地に新設した倉庫で行われる。

公開予定日
  • 令和元年6月16日
  • 令和元年7月7日
  • 令和元年7月21日
  • 令和元年8月4日
  • 令和元年8月18日





<br />
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村


国内で紫電改が展示されている資料館

最近紫電改の飛行中の映像が発見されたことが
話題になっていますが、

紫電改が展示されている資料館が、あります。

愛媛県の南レク紫電改展示館です。

01

この紫電改は、昭和53年(1978年)に久良湾で地元のダイバーが、
完全な形で沈んでいるのを発見、引き上げられてここに展示されています。

この機は、
昭和20年7月24日に大村基地を飛び立った343航空隊の
未帰還機だと言われています。

02


紫電改の展示は、日本ではここだけで、
世界でもアメリカのオハイオ州デイトンにある
アメリカ空軍博物館くらいではないかと思われます。

この機のパイロットがどうなったのかは不明らしく、
キャノピーが閉じられていたことから機と運命を共にした
とも言われています。

曲がったプロペラから無念さが伝わるようです。

南レク紫電改展示館のHP

アメリカ空軍博物館に展示されている紫電改






紫電改見に行くなら格安航空券で!




宿泊はこちらから



にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

紫電改の戦闘中の映像が見つかる!4

大分県宇佐市の団体「豊の国宇佐市塾」が30日に発表。
米軍が、1945年5月4日の空襲時に戦闘機のガンカメラで撮影された映像らしい。

01


撮影場所は、鹿児島県喜界島の上空で、
この日、長崎県大村市の海軍基地所属の紫電改が
沖縄戦支援に向かっていたという。

飛行中の紫電改の映像が発見されたのは、これが初めてでは
ないかと思われます。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村






 
RSS
発信者
◆HAYATE◆
旧日本軍機では、四式戦疾風が一番好きです。
力強さと優美さが混然一体となった機体に魅了されます。
このブログでは、各地の自衛隊基地祭や護衛艦を
見学した記録や戦争遺跡などを発信しています。
インフォトップ(FinalYoutuber)
ブログ村(ミリタリー)
ブログ村(戦争遺産)
最新コメント
ギャラリー
  • 離水・着水にかなりの操縦技術を要した!二式大艇元操縦者の解説
  • 紫電改が完成!6月9日より一般公開始まる。
  • 紫電改が完成!6月9日より一般公開始まる。
  • 紫電改が完成!6月9日より一般公開始まる。
  • 砕氷艦しらせ(初代)乗艦記【2003年】
  • 砕氷艦しらせ(初代)乗艦記【2003年】
  • 砕氷艦しらせ(初代)乗艦記【2003年】
  • 砕氷艦しらせ(初代)乗艦記【2003年】
  • 砕氷艦しらせ(初代)乗艦記【2003年】
タグクラウド
  • ライブドアブログ