福岡県の大刀洗町にある太刀洗平和記念館まで
零戦32型の見学に行ってきました。

01


ここにはもう何回も訪れていますが、展示物を見たり
特攻隊員の遺書を読んでいると毎回心が震える思いです。

最近展示場が拡張されていて、新たな展示物が追加されていました。

ここで写真が撮れるのは、零戦32型のみとなっています。

02

斜め後ろから見た32型。
フラップが下りてます。

03

尾翼の識別番号

04

コックピットを見学するための階段です。

05

コックピット内部の状態は、良くないです。

06

32型の特徴である、真っすぐな翼端。

07

右脚部
08

21型と比べて洗練された形状に変更されたカウル。

プロペラとスピンナーは、レプリカのようです。





09

32型の解説ボード

10

スピンナーのアップ

11

脚のオレオ部

12

カウルは、楕円形の金具で繋がっていて上下分割できるようになっています。

13

銃身が飛び出した、99式2号銃

14

計器盤のレプリカですが、出来はイマイチです。

15

99式2号20ミリ機銃

16

左翼下部

17

上から見下ろした32型。

やはり翼端が真っすぐになっただけで、印象がかなり変わりますね。
米軍が、別の機種扱いしたのも頷けます。

18

ここには、太刀洗基地「第五教育隊」の正門の門柱があります。

19

別の場所にあったのを平和記念館がオープンした時に、移設してきたようです。

20

当時の木製の看板も取り付けてあります。
風雨にさらされ続けて、色褪せているのが年月を物語っています。

ここには、97戦や陸軍の様々な備品が展示されているので、
じっくり見学すると半日くらいはかかります。

ここだけにしかない32型と97戦があるので、大戦機に興味がある方は、
訪ねる価値がある展示館です。

太刀洗平和記念館のサイト







にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村