知覧特攻平和会館に展示されている、四式戦疾風の詳細調査が
行われることになったようです。

02


この機は、戦争末期フィリピンで捕獲されアメリカで各種テストが行われた後、
私設航空博物館(プレーンズ・オブ・フェーム)に払い下げられて修復され、

1973年日本の実業家が買い取り、
同年入間基地の航空ショーで里帰り飛行をしたのを最後に、





京都の嵐山美術館・南紀白浜と展示され1995年より鹿児島県の
知覧特攻平和会館で展示されている世界で唯一の疾風です。

三式戦飛燕に次いで、四式戦疾風も詳細調査がなされるという事で、
調査結果やさらなるレストア、できればエンジン始動・・がなされれば
最高なのですが、楽しみです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村